2010年1月アーカイブ

「ドコモがiPad用SIMを販売へ」報道

NTTドコモがiPad用SIMカードの単体販売を検討中と、読売新聞が報じています。iPadはWiFiモデルだけでなく3G+WiFiモデルも日本での発売が判明しており、どのキャリアがデータプランを提供するのか注目が集まっていました。というか通信方式レベルで異なるAUを除いた3Gキャリア、ドコモ / ソフトバンクのそれぞれが対応するのかが注目されていました。

iPadは3G通信に通常より小型のmicro SIMカードを利用するため、ほかの携帯電話とは互換性なし。それでもSIMロックという重い重い扉がようやくちょっと開かれることは確かです。NTTドコモはこれまでも手に入れさえすれば端末間でSIMの差し替えが可能だったため、まだSIMフリー文化に近い立場にいたと言えるでしょうか。

開国シテクダサァ〜イ
まさに黒船。
ちょうど龍馬伝やってるし。

アドビ、iPadのFlash非対応に怒る! : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

アップルは相も変わらず自社端末に制約をかけ、コンテンツの提供側・消費側の両方に縛りをかける気らしい。ePubファイル形式を採用しているeブックリーダーは他にも沢山あるが、アップルの場合は他と違い、消費者がアップル独自のDRM保護のかかったePub形式のコンテンツを他のメーカーの端末から読もうと思ってもできない。

さらにFlashサポートがないときた。これではiPadユーザーはネットゲームの70%、ウェブ動画の75%はじめ、ウェブコンテンツは十全に楽しむことができないではないか。

お怒りはごもっとも(w

[CG]iPadでFlashが動く?

Flashとマルチタスキングのサポートがないことに対する不満の声はそこら中に充ち満ちている。マルチタスキングをアップルのアプリに限定して、アップルのOSがWindows Mobileで動くのを防ごうという魂胆なら、どうぞおやりくださいだ。常時接続アプリではプッシュサーバーはすごいのに。一方Flashに関しては、ことは政治的な問題だと思う。

でももうグチはお終いだ。iPadのSafariでFlashが動いているのを9to5macの連中が見つけちゃった。ジャンプのあとのビデオをみてごらん。NYタイムズの料理セクションの場面だ。料理セクションには普通Flashが使われている。

しかしこんな動画もあったりして。
手の込んだジョークの可能性は否定できないけど。

ともあれ、発売前から話題に事欠かないね。

新タブレット『iPad』:機能と欠点 | WIRED VISION

iPad日本版ページがオープン。3月から発売、iBooksの記述なし

日本で発売されるのかしらという不安の声も多少あったアップル製タブレット iPad ですが、米国から遅れることすこし、ちゃんと日本版ページも公開されました。仕様・機能について改めて追記することは少ないものの、発売日について「WiFIモデルは3月末発売」「3Gモデルは4月発売」と明記されており、米国と(ほぼ)同時発売が約束された模様です。

〜<中略>〜

ところで米国版ページと比較して気付くのは、日本版ページに目玉機能であるはずの電子ブックアプリiBooksが見当たらないこと。そして「地域によっては一部の機能、アプリケーションをご利用いただけない場合があります」という曖昧な記述があること。もっとも、オーストラリア版ページには「iBooksは米国のみ利用可能」とはっきり記載されています。アップルと国内出版社が連携......といった話が一切聞こえてこない以上、予想できた展開ではありますが、電子ブックストアがないのはともかく、電子ブックアプリとしても利用できないのかは気になるところ。もちろんもっと気になるのは、この電子ブック鎖国状態がいつまで続くのか、です。

それよりflash未対応だって?
するとyoutubeは見えんということか・・・。
もっともすぐに対応するよね。

国会での会議の模様をTwitterでリアルタイム中継する議員登場 - スラッシュドット・ジャパン

ITmediaが伝えるところによると、Twitterを使って情報発信する国会議員が増えているそうで、国会での会議の模様をリアルタイムで中継する議員も出てきているそうだ。

これに対し、「それってつまり仕事をさぼってるよね?」という意見もあれば、擁護する意見もある。/.J読者の皆様は、「Twitter議員」についてどう思われるだろうか?

まさしく開かれた国会。
いや横漏れ発言の開き方を間違った国会だな。

Apple iPad速攻ハンズオン! 超サクサクで日本語もOK(動画・写真ギャラリー) : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

ガッシリ。でも軽くて、握り易くて、ビューティフォー。堅牢。隙のないデザイン。

ガラスはちょっとゴムみたいな引っかかりがあります...が、これは単に僕の手が汗ばんでるせいかも。とにかく超・速っ...! 

アップルもあんまりアピールしてなかったポイントですけど、iPad最大の強みはこのスピードですね。iPhone 3GSより1世代は先いっちゃってる感じ。ラグも待機ももはやゼロです。OSとアプリの反応も、もうこれ以上望めないぐらいサックサク。特にポートレート(縦)とランドスケープ(横)モードの転回では、新チップの馬力のすごさがモロ出ます。

appleが勝負に出た!とかいう感じかな。
これで電子出版のプラットホームが出来た。
コンビニの在庫確認っぽいけど。

なつかしのニュートンの時代には表札サイズのFAX送信機だったが、今回は冗談みたいな大きさのiPodだそうで。
ちまたではキーボード無しのibookかと思われていたので拍子抜けだね。
しかし最初に見た印象では土産物屋に置いてるジャンボサイズの御当地ポッキーか思った。
まずは触ってからだね。

Twitterの次はこれじゃね?今一番イケてる(と僕が思っている)『foursquare』について調べてみた - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ

Twitterの次はこれかな、と思ったり思わなかったり。新しもの好きな人は一度登録して遊んでみることをおすすめします。

■ foursquareとは何か?

誤解を恐れずにいえば「リア充専用SNS」って感じですかねw。

技術的に言うと位置情報付のSNSで、自分が行ったところをGPS付のケータイやらiPhoneから投稿していくことによって、「友達の中で一番おもしろいことやっているのはこいつ!」というのがわかる仕組みになっています。

また、foursquareでは自分の位置を通知することを「check-in」と呼んでいて、check-inするたびにポイントがたまるようになっています。

そのポイントがうまくできていて、「初めて行ったところでcheck-inすると+5ポイント」「今まで行ったことのある場所でcheck-inしたら+1」となっています(あともうちょっとルールがありますがここでは割愛)。

絶対イベント向き。
早く使った方が勝ち。

レポート:西海岸だけじゃない!ニューヨークのITベンチャー:Web2.0 Expo New York 2009レポート(その2)|gihyo.jp ... 技術評論社

ここでも紹介されているけど、ベンチャーがアメリカの底力なのだろう。

「ハトミミ.com『国民の声』」オープン、.go.jpでもあくまで「.com」 - スラッシュドット・ジャパン

INTERNET Watchが伝えているように、正月早々話題になった、「ハトミミ.com『国民の声』」のサイトがオープンした。名称はあくまでも「ハトミミ.com『国民の声』」なので注意が必要だ。

さらに、サイトの入口は内閣府のドメイン「cao.go.jp」にあるのだが、入力フォームまで進むと「hatomimi.go.jp」のドメインに移動するようになっている。入力フォームのあるサーバのホスト名は「form.hatomimi.go.jp」で、これに割り当てられたIPアドレスは、IIJ所有となっている。INTERNET Watchの記事によると、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」を用いて稼働しているそうだ。

また、内閣府は、「ハトミミ.com『国民の声』」に類似したWebサイトの存在が確認されているとして、次のように注意を呼びかけている。

利用者の皆様には、『ハトミミ.com「国民の声」』のURL(ホームページのアドレス)に「go.jp」が付いていることを確認した上で、ご利用頂くようお願い申し上げます。

全世界にグダグダ感を発信してしまった手遅れサイトなわけで。
「ハトミミ.com」のURL、「hatomimi.go.jp」になる - スラッシュドット・ジャパン

なによりトップの巨大な顔が気持ち悪い。
インパク以来のセンスの無さで、いくら使ったんだと聞きたい。
むしろ本家の方が国民のためと思う。

ハトミミ.com 公式サイト

ところで政府自ら類似したサイトを警告するのも、一歩間違えると言論弾圧だよ。

自費出版の時代 - 池田信夫 blog

他方、出版社は業界団体をつくるなど、予防線を張ることばかり熱心だが、彼らがいくらカルテルを組んでも、アマゾンが著者と直接交渉するのを防ぐことはできない。日本の著作権法では、出版社に著作隣接権がないからだ。再販制度も電子出版には適用されないので、電子出版専業のベンチャーが出てきて、出版社を「中抜き」して著者と交渉してアマゾンに仲介すれば、こんなカルテルは崩れるだろう。

インターネットによって新聞や雑誌が打撃を受けたのに対して、書籍への影響が相対的に軽微だったのは、モニターで数百ページも読むのが生理的に困難なためだが、この問題は電子端末で解決された。残るのはそこで読める本がないという問題だけで、これを解決するもっとも簡単な方法は、著者が自費出版することだ。たとえば当ブログの過去ログをまとめて書籍化すれば、そのまま売れる。

これによって著者と出版社の関係も大きく変わる可能性がある。日本の印税は一律10%で、例外は人気作家に限られるが、アマゾンのキンドルでは著者の取り分は自由に設定でき、平均35%ぐらいだという。これも自分でPDFファイルにして提供すれば著者がもっと取れる。

1500円の本が10%の印税で1万部売れても150万円にしかならないので、著述業で生活するのは困難だが、電子出版で同じ本を150円で売れば、10万部ぐらい売れるかもしれない。その80%を著者が取れば、1200万円だ。電子出版は既存メディアを殺すかもしれないが、著者を豊かにし、多くのクリエイターを生み出す可能性がある。

ここで問題が出版というハイリスクな博打にのせる駒はやはり優秀なことにこしたことがないわけで。CGMに対して数千数万のダメコンテンツの中から一握りのコアを探す行為が出版というフィルタであり、ローコストなネットがフィルタになりえるか?は表層だけのお金の話で終わってはダメなの。
昔同様のことを始めたけど、求めるものは結果であり過程に興味がないヒトは多いのだ。CGMの話をしたのに結果を先に求めるのはいかがなもの?
ともかくお金の話が先行してはダメで、プラットホーム論も同源。コンテンツを育成することの結果が収益となるね。

前後が同時に撮れるデュアルレンズ小型ビデオカメラ Twin Video

ビデオカメラを利用中に「撮影している自分自身も撮影しておきたい......」などと考える人が世の中に何人いるかは分かりませんが、Ion Audio社のTwin Videoはそういう人向けの製品です。テレビ通話対応携帯のように前面と背面にカメラレンズがあり、同時に撮影できます。マイクも前後に搭載。

うむ、欲しいぞ。
これで静止画を取ると、欠席で集合写真に入れなかったヒトみたいだけど。

どこまで携帯電話会社は通信記録を捜査当局に開示するのか? 驚くべき実態判明! : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

いやはや、自由の国アメリカなんて唱えられつつも、実は全国民のメールから通話まで、あらゆる形態の電子通信記録が当局の管理下に置かれちゃっているというのは周知の事実でもあるようですけど、では、実際のところ、毎日もう肌身離さず使っている携帯電話から漏れ出る重要個人情報って、どのくらいのレベルなんでしょうか?

このほど米国内の大手携帯電話キャリアのSprint Nextelの幹部が、その恐るべき実態を明かしてくれましたよ。なんでもプライバシーなんてあってないようなものなんだってことが、鮮明に洗い出されてますね。もうケータイなんて一切使わない隠遁生活でも送ったほうがいいのかな?

もうダダモレです。

コンテンツのダウンロードではAndroidがiPhoneを上回る-Myxerのレポートより

バイル用のコンテンツを提供しているMyxerが今朝(米国時間1/22)発表した報告書は、GoogleのAndroidプラットホームについて私たちがすでに知っていることを強く裏書きしている。それは、Androidはモバイルの世界で確実に地歩を築きつつあるということだ。Myxerの3000万のユーザから得られたデータによると、同サイトへのAndroidユーザの訪問数は2009年に前年比350%増加した。これに対しiPhoneのユーザは170%増だった。2009年第四四半期では、Myxerからのダウンロード数はAndroidデバイス向けがiPhone向けの7倍であった。

日本ではこれからです

ドコモ、スマートフォン新機種 ソニエリ製「Xperia」を4月発売 モバイル-最新ニュース:IT-PLUS

NTTドコモは21日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia」を今年4月に発売すると発表した。グーグルの携帯向けOS「Android(アンドロイド)」を搭載し、音楽や写真の管理などエンターテインメント機能を強化したという。ソニー・エリクソンが世界展開する旗艦モデルで、スマートフォン市場で先行するアップル「iPhone」に対抗する。

今使ってるソニエリのcybershot携帯は起動が遅いはバッテリーが持たんわで結構問題。
だけど画質だけは良いのな。
さてgoogle携帯なのだけど、HTCはバッテリーが持たんから最初から2つくれるらしい。
するとソニエリも不安だよね。

あいち子ども・若者育成計画2010(仮称)(案)に対する意見の募集について | 愛知県

http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000028/28843/gaiyou.pdf

答申案の重要なポイント ○子ども・若者の範囲の定義(0~30歳)

○インターネットの利用による有害情報の閲覧等の防止
携帯電話等のフィルタリングの利用促進を図るための啓発活動を行っていきます。
また、子ども・若者をインターネット上の有害情報・違法情報の影響から守り、サイバー犯罪による被害の防止を図るため、インターネットの安全・安心利用に関する講習会などを開催し、子ども・若者や保護者への啓発活動を進めていきます。

○社会環境浄化の推進
愛知県青少年保護育成条例に基づく有害図書類、有害がん具類の指定、警察と連携した深夜営業施設等への立入調査の実施、関係業界・事業者の協力による有害環境を排除するための自主的な規制措置など社会環境浄化に向けた取組を着実に進めていきます。

なにが起こっているのだ・・・

"ダウンロード違法化"の周知キャラクター「守りタイ」 -AV Watch

日本レコード協会(RIAJ)は18日、2009年10月より展開している「守ろう大切な音楽を♪」キャンペーンで募集していた標語・ポスター・キャラクターのグランプリ受賞作品を発表した。

 このキャンペーンは、1月1日より施行された改正著作権法において、著作権者等の許諾を得ずにインターネット上にアップロードされた音楽や映像を、違法と知りながらダウンロードすることを、私的使用目的であっても違法となること(ダウンロード違法化)の周知を目的としたもの。作品は、中高生を対象に募集した。

 標語部門のグランプリには、愛知県岡崎市立竜南中学校卓球部の「守ろうよ みんなの宝 音楽を」が選ばれた。準グランプリは、東京都立板橋有徳高校パソコン部の「好きな曲、それはほんとに買った曲? 」。

 キャラクター部門のグランプリは、香川県立高松工芸高等学校デザイン科1年による「守りタイ」に決定。また、準グランプリは、大阪商業大学高等学校デザイン美術コース3年8組の作品が選ばれている。ポスター部門は、グランプリ該当作品は無かったが、準グランプリには、和歌山県立古佐田丘中学校美術部の作品が選ばれた。なお、特設サイトに受賞結果が掲載されている。

中高生だから仕方ない。
でも、こういうキャラクター募集の意味は分からん。

中国発のサイバー攻撃、グーグルが内部関係者関与の疑いを調査中か:ニュース - CNET Japan

 調査に詳しい複数の情報筋は先週取材に応え、Googleの内部関係者が攻撃に関与したかどうかを同社で調査中だと語ったが、それ以上の詳細はこの時点では明らかになっていなかった。

 この情報筋によれば、Googleへの多面的な攻撃に内部関係者が関与した可能性があったという。

 Reutersは現地時間1月18日、地元メディアの報道と匿名情報筋の話として、Googleの中国オフィスの従業員で休暇を取らされたり移籍させられたりした者がいると報じている。ネットワークセキュリティの確認を目的としてテストとスキャンを実行するために、中国オフィスの従業員は一時的にネットワークから遮断されていると、調査に詳しい複数の情報筋がCNET Newsに語っている。

まぁそういうことだった可能性があるそうですな。

Bing、成長速度を上げて検索市場シェアをさらに拡大

Bingが引き続きマーケットシェアを拡大しているようだ。おまけに、かつてと比較して、その速度を上げてきているようでもある。マイクロソフトの運営するBingは、昨年12月にはシェアをさらに0.4%伸ばして、米国内での検索シェアを10.7%に伸ばした。この数値はcomScoreのqSearchの数値に基づいたものだ。Bingはこれで開設以来ずっと5ヶ月連続でシェアを伸ばしたことになり、2009年5月からの比較で2.7%の伸びを示している。Googleはシェアこそ65.7%であるものの、シェアを0.2%伸ばしているに過ぎない。一方のYahooはGoogleが伸ばした分だけシェアを減らし(0.2%)、市場シェアを17.3%としている。

全然使えないって印象だけど。

総務大臣が新聞社の放送局への出資を規制する意向を発表 - スラッシュドット・ジャパン

原口総務相は以下のような意向を発表しました。
  • 新聞社がテレビ局に出資することを制限する
  • 有限なリソースである電波を独占状態から開放する
  • 放送局認可権限を総務省から切り離す
総務大臣の行う記者会見を全てのメディアに公開する これらの発言は、長らくメディア問題に取り組んできた、ビデオニュース社の神保哲生氏の確信的な質問に答えたもので、この回答を勝ち取ったと神保氏がTwitterで報告するや、ReTweetが驚きとともに一斉に広まりました。

電波オープン化の一環となるオークション制や、日本版FCCへの放送認可制度の移管、記者会見の開放などは、これまでも民主党の政策として認知されてきたものですが、メディア相互資本問題への取り組みは、是非を別にしても、画期的なものでしょう。

まぁあくまでも意向だけど。

Googleへのサイバー攻撃、攻撃元は中国当局だった - スラッシュドット・ジャパン

先日、Googleが中国からの撤退を考えていることがニュースになったが、その原因の1つとして挙げられていた「サイバー攻撃」の攻撃元は中国当局であったことが判明したそうだ(47News、ars technica、本家/.)。

VeriSignのiDefenseセキュリティ・ラボによる調査で、今回の指揮統制サーバーや攻撃元IPアドレスが中国当局のもとの一致することが突き止められたとのこと。攻撃はAdobe Readerの脆弱性を突くもので、PDFファイルに悪意あるコードを仕込む手口だったという(ただし、AdobeはAcrobat Readerの脆弱性が利用されたとのiDefenseの主張に反論し、「Adobe ReaderではなくIEの脆弱性が利用された」と主張している)。

ホントにやってます・・・。

Gmailをぐっと便利にしてくれるプラグイン『MailBrowser』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

MailBrowserは、Gmailをぐっと便利にしてくれるブラウザー用のプラグインだ。

これをサイドバーに常駐させておけば、今Gmailで開いている人の詳細情報が横に表示されるのだ。

その人の署名にURLがあればそのサイトへのリンクを表示したり、過去にどんなやり取りがあったかもすぐにわかるようになっている。

macも対応なので、即インストール・・・10.5.xからだった(涙

CNN.co.jp:中国のグーグル検索に「天安門事件」登場、オフィスは厳戒

北京(CNN) 「ネットの検閲はもう続けない」と宣言した米検索大手のグーグルが13日、中国の検索サイト「Google.cn」に天安門事件やダライラマ、法輪功など従来は出て来なかった検索結果を表示するようになった。

これまでは同サイトで「天安門」を検索しても、天安門の写真が出てくるだけだったが、13日以降は1989年の天安門事件について解説したサイトへのリンクが表示されるようになった。ただし部分的に検閲された状態と検閲されていない状態が入れ替わるなど、不安定な表示が続いている。

グーグルは同日、中国でサイバー攻撃の被害に遭い、何者かが人権活動家の電子メールに不正アクセスしようとした痕跡があると発表し、「検索の検閲をこれ以上続けるつもりはない」と言明。今後の成り行きによってはGoogle.cnのサイト閉鎖や同社の中国からの撤退もあり得ると表明した。

ただし今回のサイバー攻撃について中国政府の関与を直接明言したわけではなく、検閲なしの検索サイト運営の可能性について当局と話し合うとしている。

北京にあるグーグル中国法人のオフィスでは、この発表から間もなく従業員に有給休暇が出されたと伝えられ、いつになく厳重な警備が敷かれた。米カリフォルニア州の本社が運営する社内のシステムなどにもアクセスできなくなっているという。

オフィス前にはグーグルのユーザーやファンが集まって言論の自由を守る姿勢に支持を表明。同社には大量の花がひっきりなし届けられており、現地のブログはこれについて、グーグルの中国撤退を見越して哀悼の意を表するものだと伝えている。

怖い。
怖すぎる。
google社員さん、逃げてください!

長年噂のGoogleのGDriveやっとローンチへ―ただしGDriveとは呼ばないように

ユーザーは近々どんなタイプのファイルでもGoogle Docsにアップロードできるようになる。今までアップロードできるのはテキスト・ファイル、Officeフォーマットのファイルなど10種類くらいしかなかった。今後はビデオ、音声、、画像、ZIPファイルもすべてアップロード可能になる。制限は1ファイル250MB以下という点だけだ。新機能はここ数週間かけて全ユーザーに公開されるという。

アップロードされたファイルは従来のGoogle docsファイルと同様、非公開、一般公開、相手を指定して共有のいずれかを選択することができる。Google Viewerでビデオ以外の大抵のファイルを閲覧することができる。

通常のユーザーには1GBの無料スペースが割り当てられる。それ以上必要な場合は$0.25/GBの料金を払う必要がある。企業ユーザーの料金はもっと高い。最低が5GB、$17/年だ。トラフィック量についての制限はない。無料だ。

メールからofficeファイルからなんでも溜め込むgoogleさんが、もっと幅広くデータを預かるそうな。
あんまり普及しすぎると、機密保持どころではないのでは?

Googleの「Nexus One」、命名に関し「ブレードランナー」原作者遺族の怒り買う - スラッシュドット・ジャパン

「Google の Android 携帯『Nexus One』は小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか ?』から取られている」と著者の遺産管理団体が訴えているそうだ (Wall Street Journal の記事、本家 /. の記事より) 。

映画「ブレードランナー」の原作であるこの SF 小説には「Nexus 6」という「アンドロイド」が登場する。著者の遺族らは「『Android』OS を搭載した端末が『Nexus One』であるという関係性からみて、小説から引用して名付けられたことは明らかである」としている。また、命名に関して Google から遺族や弁護士には何の連絡もなかったとして、この問題に法的に取り組んでいることを明らかにした。

とりあえず訴えておけ的な感じですが。

ところで原題は"Do Androids Dream of Electric Sheep?"だそうで。
日本語訳はそのまんまですな。

Google Zeitgeist 2009で「クックパッド」が飲食物関連の全世界3位 - F.Ko-Jiの「一秒後は未来」

先頃 2009 年版も公開されたようなのですが、その中の「Fastest Rising in Food & Drink (Global) 」=「飲食物関連の急上昇ワード(全世界)」の第 3 位になんと日本の「クックパッド」がランクインしていました。

» Google Zeitgeist 2009 (日本語)

この Google Zeitgeist の集計方法は次のように説明されています。

分析には、Insights for Search や Google トレンド、その他の内部データツールなどさまざまなデータが使用されています。また、フィルタを使って迷惑メールや重複した検索を除外することにより、「時代精神」をより正確に反映したリストを作成することができました。
さらに、

「急上昇」と記載されたキーワードは、2009 年に人気が高かったキーワードを、2008 年と比較してどれだけ人気が上がったかに基づいてランキングしたものです。
とあるので、「クックパッド」も2008年と比べて急上昇したということなのでしょう。それにしてもすごいですね。

だそうで。
確かにレシピを検索すると必ず見ちゃうよね。

WindowsプログラムをOS Xアプリに変える「WineBottler」(Kindle for PCもMacで使えるよ!) : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

LinuxにWindowsアプリをぶち込んで使えるんで人気のツール「Wine」が、Macでも使えるようになりましたよ。

Wineと言えば、ライフハッカーが『Kindle for PC』をLinuxマシンで使う方法でフィーチャーしていた技ですよね。

Macで使うには無料ユーティリティ「WineBottler」っていうのを使います。これでWindowsプログラムをスタンドアローンのMacアプリとして動かせる別個のアプリバンドルに「瓶詰め」するんでございますよ~。

「WineBottler」を使うには、Windows EXE.をダウンロードしてWineBottlerアプリにドラッグ&ドロップ。 あとはLinuxもそうだけど、ホームフォルダーにデフォルトで入ってる仮想ドライブ C: にこれをインストールすると、そこから簡単に使えるみたいですね。

使いませんけど(w

「みんなでゲームを創る」Webサービスが登場、巨大RPGの可能性も | WIRED VISION

ゲーム好きが集まってコラボしながら新しいゲームを開発できるWebサービスが登場した。開発からプレイまで、全てWebブラウザ上で完結するためOSやソフトに依存せず、PCとインターネット接続環境があれば、誰でも参加できるのが特徴だ。現在、試験運用が行われている。 ゲーム制作Webサービスの名称は『Rmake』。"平凡なエンジニア"を自称するakasata氏が中心となって開発が進められている。エンターブレインが販売しているゲーム制作ツール『ツクール』シリーズなどと似ており、キャラクターやマップ、音楽、効果音などの素材データを組み合わせ、これらをスクリプトで制御して、"組み立てる"仕組みだ。 ユーザーが作成した素材は、他のユーザーと共有可能で、全部をはじめから自分でやるより簡単に開発ができる。また、気軽に質問できる掲示板や、スクリプトのノウハウやサンプルなどを共有するWikiサイトも用意され、プログラミング初心者にもチャレンジしやすくなっている。

アイデアとしては面白い。
CGMだか、最近少々聞かなくなった言葉を思い出すにはちょうど良いネタだ。
しかし一定の強力なルールに基づかなければネット"砂場"になってしまうわけで、○○ツクといったゲームのゲームがどこまでインパクトを与えるか?まだ未知数なわけで。

Nexus OneがWeb閲覧のシェアを着々と獲得中

今日(米国時間1/7)は、ClickyがNexus Oneを含めたデータを公表する最初の日だが、Clicky Web Analyticsを使っている17万あまりのWebサイトにおいて、その...モバイル分野全体における...閲覧シェアは0.61%だ。これに対し、発売から2か月経つDroidのシェアは5.35%、Androidケータイ全体では7.44%のシェアだ。わずか1日だけのデータだが、注文してもまだ手元に届いていない人がほとんどで、使われているのは主に、Googleが(ブロガーなどに)提供した試用機のはずだから、この数字はたいしたものだと言える。

さらに興味深いのは、iPhoneのデータだ。つまりそれは、下降ぎみだ。これもわずか1日のデータだが、iPhoneの閲覧シェアはNexus Oneの登場後、まるまる1%減少した。Nexus Oneの試用機が、いつも以上に酷使されているせいだとは思うが、でも、今後各社/各キャリアからいろんなAndroidケータイがどどっと出回るようになると、'1メーカー1キャリア主義'を固持しているiPhoneの現在の圧倒的なシェア(約45%)も、安泰ではいられなくなるだろう。

日本でも出る?
でも仕事の検証用では使えんよな。

照射画像をタッチ操作できるレーザープロジェクター Light Touch 

Light Blue Optics社のLight Touchはタッチ操作可能なレーザープロジェクターです。同社が半年ほど前から予告していた製品で、好きな場所を10型・WVGA解像度(800 x 480)のタッチスクリーンにすることができます。タッチ操作の認識には赤外線を利用。世の中には小型プロジェクタも照射型バーチャルキーボードもありますが、両方を兼ねるというのはなかなか独特です。

これと網膜モニターが実現すれば・・・
電脳コイルまであと何年?

DSC00019.jpg

怖いって
名古屋駅の地下街にて

グーグル、無料でAndroidケータイを一斉配布する可能性も? : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

間もなく正式発表が行われるものの、そんなに「グーグルフォン」の登場に期待しすぎるなよって評価もあるんですが、米GIZMODO編集チームからは、この最新鋭の「Nexus One」なるAndroidケータイが、王者iPhoneもビックリの戦略で一斉無料配布される可能性について大胆予測を出していますよ。

とにかくケータイ会社も自分で好きに選べるので、希望者には全員にグーグルフォンを配布しまくって、その後は、Androidユーザー各自にドンピシャで広告を打ちまくるビジネスモデルで儲けていく...。そんなことできるわけないだろって一蹴されちゃいそうですが、どうやらスマートフォン1台の原価って、意外と大したことなかったりもするんですよね。iSuppliの分析では、せいぜい最新の「iPhone 3GS」でも180ドルくらいしかかかっておらず、まぁ、グーグルフォンは200ドルとしても、一気に500万台を無料配布したとして、グーグルが負担しなければならないコストは10億ドル。すでに220億ドルの余裕キャッシュを持ち合わせていると噂のグーグルにしてみれば、痛くもかゆくもないってわけでしてね。

ぜひ下さい。
欲しいです。
ただしドコモで使えること前提で。

「Windows 7」の管理機能を集約--「GodMode」の存在が明らかに - OS/プラットフォーム - ZDNet Japan

「GodMode」という名称はいささか大げさすぎるかもしれない。とはいえ「Windows」ファンは、隠されていたこの機能を発見して興奮を隠せないようだ。「GodMode」機能では、単一のフォルダ内でWindowsのあらゆるコントロールパネルにアクセスできるようになる。

 「Windows 7」でフォルダを新規作成し、末尾に特定の文字列を付けてフォルダ名を変更することにより、マウスポインタの外観変更からHDDのパーティション新規作成まで、すべてを1カ所でできるようになる。

えらく権限の狭い万能神だことで(w

「ハトミミ.com」のURL、「hatomimi.go.jp」になる - スラッシュドット・ジャパン

昨年11月30日に行政刷新会議が発表した「ハトミミ.com」計画だが、初動の不手際により暗礁に乗り上げていることが明らかになってきた。12月29日の共同通信の記事によると、「ハトミミ.com」の名称とロゴを発表した後に、担当者が「ハトミミ.com」ドメインを取得しようとしたところ、既に他の誰かに登録されていたという(ハトミミ.com/)。

また、政府は情報セキュリティ対策基準として「.go.jp」ドメインを使うことを定めており、これに反するドメインは「誤解を招く」として、発表直後に内閣官房情報セキュリティセンターが警告していたそうだ。行政刷新会議の11月30日の資料には、「ハトミミ.com(または.jp)」と書かれており、ドメイン名を決定する前に発表してしまった様子がうかがえる。

それほどに問題になってない?
いやいや短命なら問題になる前に忘れちゃうって(w

アルプス電気の個人向けマイクロドライプリンタ、ついに販売終了 - スラッシュドット・ジャパン

アルプス電気のマイクロドライプリンタ(MDプリンタ)をご存じだろうか。個人向けのカラープリンタなのだが、現在一般的なインクジェット方式ではなく、溶融型熱転写方式を採用しており、次のような特徴を備えている
  • 水濡れに強い。
  • 金・銀、白などの特色印刷ができる。
  • 年に一回程度の使用頻度でもインク詰まりなどとは無縁。
  • Tシャツアイロンプリントやデカール作りに好適。
  • うるさい。
  • 遅い。
あまり一般的でないゆえ、インクの入手が手軽でない。 という特徴がある。当初は量販店でも売られていたのだが、販売不振などにより2000年からインターネットを利用した直販のみの扱いとなっていた。

絶対需要があると思うのだけど。
あとデザイン系の会社は、特色の印刷ができるのは良いと思うのだが。

アップル、1月26日に携帯機器についての発表イベント : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

アップルは、1月26日(日本時間1月27日深夜)に、携帯機器にフォーカスしたイベントを行うそうです。アレが出るのですかね?

ですかね?

ダウンロード違法化が施行されたので合法ダウンロードサイトをお勧めするよ - P2Pとかその辺のお話@はてな

2010年1月1日を迎え、ダウンロード違法化を含む改正著作権法が施行されたが、エルマークのようなRIAJと関係のある配信サイトのみが合法であるとのお墨付きを与えられるような仕組みは支持するつもりはないので、おそらく日本ローカルのエルマークなどつきそうにない海外の合法配信サイトを紹介しようと思う。個人的には、既存のエンタメ産業に期待するよりも、よりインディペンデントなアーティストに期待する方が、新たな創作の可能性が開けると思うので、ダウンロード違法化云々を抜きにしてもサポートしていきたい。

年があけてみるといきなり飛び込んできたDL違法化の話題だけど、そういえば最近聞かなくなったとおもいきや突然だねぇ。
さすがお仕事が早い(w

とはいえ初っ端から誰も合法非合法の違いが分からん&海外サーバは対象外とか、いろいろととりあえず作りました!的なザル法に仕上がっていてめでたい限り。
権利者双方をたてると役に立たないという良い例であろうし、またこれくらいで許してください。

2000年代が終わりました。
2010年代の始まりです。
この10年はどんなことがあるでしょう。
きっと10年前には想像できなかったと言える10年になるでしょう。
2010年といっても木星にいったりしてませんが、新しい何かがはじまるはずです。
IT業界にも新しい何かが。
楽しみやらなんやら。

ともあれ名古屋はいろいろ頑張ってますね。

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。