2010年4月アーカイブ

ジョブズからの手紙:Flash について

AdobeはFlashがオープンな技術であり、排除する iPhoneを閉じたシステムと呼ぶが、これは逆である。Flashは100%プロプライエタリな技術であり、将来どんな機能が含まれるか、また価格などはAdobeだけが決定する。ほぼあらゆる定義でFlashはクローズドな仕組みである。

まったくその通り。
しかしflashの開発しやすさ(?)は評価できるものであって、マッシュアップとしては有効な技術である。
遊びで使うにはいいんだけど、actionscriptあたりから面倒にはなったね。

受信できる回数/期限を指定できる、使い捨てメールアドレス発行サイト『tempalias』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

tempaliasは使い捨てメールアドレスを発行できるサイトだ。本当のアドレスを教えるのはいやだけどメールアドレス必須とはこれいかに?というときに便利だ。

なお、こうしたツールはいろいろあるが、tempaliasは受信できる回数、もしくは期限を指定できる点がユニークだ。

これを使えば「3日間有効、もしくは3通まで受信できるメールアドレス」といったものを作ることができるのだ。

別にgmailでもいいけど、カンタンなのはいいねぇ。

ドコモなど国内6社、アプリプラットフォームを共同開発へ

NTTドコモ、ルネサスエレクトロニクス、富士通、NEC、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、シャープの6社が携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム の共同開発に合意しました。キャリアのドコモ、チップメーカーのルネサスに、最新の冬・春モデルに参画した国内メーカー4社が寄り合ったかたち。見るからにPowerPointなイメージ図のとおり、アプリケーションLSIとOS・ミドルウェアを繋ぐドライバ部分を中心に共同開発を行うことで、開発期間とコストの削減を狙います。

現在のドコモ向け端末はNEC・パナソニック連合がLinux、富士通とシャープがSymbianをOSに採用していますので、今回のプラットフォームも両方のOSに対応します。ともすれば国内連合必死という構図に見られるかもしれませんが、プレスリリースの文言は「日本国内のみならず、全世界の携帯電話市場に提供を予定」といつも通りのドコモ節。さらに「AndroidなどのオープンOSへの対応も検討」するとのこと。具体的になにが良くなるのという点については、各社のノウハウを融合することで「アプリケーション処理能力の高速化による動画処理機能の向上や3Dグラフィック処理機能の拡充による更なるマルチメディア機能強化」を目指すとされています。

NECと同じなわけでパナソがもっさりした動きなわけで、さらに融合することで改善するならいいのだけで、あんまり期待してなかったりする。
というかAndroidでイイじゃんとか、スマートフォンじゃいかんの?とか思うのだが。

冴子先生に続き、あのイルカも復活! - スラッシュドット・ジャパン

仮にイルカ猟の反対論者でも,彼をデスクトップから追い出すことに躊躇しなかっただろう office アシスタントの「カイル」。そんな彼がなんと冴子先生と一緒に帰ってきた!

「カイル 2010」は「自称冴子先生 2010 の良き相棒」という触れ込みで,twitter上でMS Office 2010のプロモーションを行っている (プロフィール) 。

カイルといえば「おまえを消す方法」の質問がお約束だが,今回その反論が聞けるかもしれない。興味ある方はフォローしてみてはいかがだろうか。

非実在イルカを殺すなんてとんでもない!
でも、頼むから消えてくれ。

HTCに買収を断られたPalmにはもはや打つ手なし

ロイター通信のアジア方面の特派員からの情報を元に書かれた記事によると、スマートフォンのメーカーHTCは諸数値を検討した結果、Palmの買収に乗り出さないことに決めた。案件の内部に詳しいと思われるその情報によれば、"買収によって今後十分なシナジーが得られない"と判断されたようだ。

これによって、一連のスマートフォン新製品の販売努力を続けていたPalmは、急速に次の打つ手を失った。

これは懐かしい名前。
Palmって、あのPDAのPalmだよね?
もう覚えていない人とかいるんじゃない?
http://ja.wikipedia.org/wiki/Palm

ところでザウルスってドコにいった?

スピード違反は宇宙から取り締まられる時代へ - GIGAZINE

自動車を運転する人なら誰しも、周囲の車が急に速度を落としたことにより自動速度違反取締装置(通称オービスまたはスピードカメラ)の設置区間に気付いた経験や、事前警告を見落としてひやりとしたことなどもあるかと思いますが、現在のように地上に設置された定点カメラではなく、衛星からスピード違反を取り締まられる時代がすぐそこまで来ているかもしれません。

ナンバープレート読み取り技術とGPSを利用した、宇宙から速度違反を取締まるシステムの試験が現在イギリスで行われているそうです。

お願いだから実用化しないでください。

AppleのFlash締め出しは「コンテンツ配信を難しくする」--Adobe経営陣が来日:ニュース - CNET Japan

 Adobeでは、数カ月以内にFlash Player 10.1とAIR 2を発表することを明らかにしているが、両製品ではAndroidなどスマートフォンに対応するなど、マルチスクリーン化施策も強化している。しかし、その一方で課題となるのはApple製品への対応だ。

Adobeコーポレートデベロップメント担当上級副社長のPaul Weiskopf氏
 Appleでは、次期iPhone向けOSである「iPhone OS 4.0」のSDK利用規約で、互換ツールなどを利用して作成したアプリケーションを禁止している。Adobeでは、5月末に発売されるFlash CS5に、FlashコンテンツをiPhoneネイティブアプリケーションに変換できる機能「Packager for iPhone」を搭載しているが、これが実質利用できなくなる。

あってもいいけど、なくてもイイかも?
とりあえずyoutubeに対応できる点で、flash技術はまだ使える。

Google Docs の内容を FBI が照会していた - スラッシュドット・ジャパン

このほどニューヨークで悪質なスパマーを相手取った訴訟から、FBI は容疑者が持っていた Google Docs の情報を Google から提供してもらい、犯罪の全容をつかんでスピード逮捕へと踏み切っていたことが明らかになった (Wired.com の記事より) 。

たとえ捜査目的とはいえ、こうやって簡単に Google Docs や Gmail、カレンダーなどへ警察などがアクセスできるような社会というのは、どこまで自由が保証されているのか疑問だとの批判の声も米国内で上がり始めているそうだ。日本でも、たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」を発行する日本たばこ協会が、特定の個人が自販機を利用した日時や場所などの履歴情報を検察当局に任意で提供し、行方の分からなかった罰金未納者の所在地特定につながったとの話題が過去にあった (/.J 記事)。

gmailもそうだけど、こういうのってgoogleを信じるしかないわけで。
微々たる秘密でも、漏れていると思った方が良いわけね。

目が見えない人が「見える」ようになるスマートフォン用アプリ『LookTel』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

素敵なスマートフォン用のアプリが出たようなのでご紹介。

LookTelはスマートフォンのカメラを使い、画像を認識することで、目の前にあるものが何かを読み上げてくれるアプリだ。

これを使えば目が見えない人でも、目の前にあるものが何かを知ることができる。

もちろんテクノロジー的には以前からあるが、サイトのデモ映像を見る限り、かなり実用的なレベルに達したようだ。

こういうのは重要。
ぜひ日本でもちゃんと開発してほしい。

次世代iPhoneリークの舞台裏

男がバーに入った。いや、男がiPhoneを持ってバーに入った。いや、男が現行iPhoneに偽装した次世代iPhoneを持ってバーに入った。いや、男が現行iPhoneに偽装した次世代iPhoneを持ってバーに入りそこに置いていった。

ちょと無理がないか?

週末、このデバイスの写真をEngadgetが掲載 し、それはサンノゼの飲み屋(!)の床で誰かが撮ったものであると説明されていた。写真はやや不鮮明でデバイスが動作しているところは写っていなかったので、当然疑う向きも多かった。実際Engadgetの記事が出た直後、 MacRumorsをはじめとする多くのサイトが、この画像の正体はアジア製の安物iPhoneクローンだと報じた。

Engadgetは続いてこのデバイスが本物であることを証明するべく別の記事を掲載した(同じデバイスがiPadの初期のリーク写真にも写っていたことが書かれていた)。そこでDaring FireballのJohn Gruberは、彼の情報源の何人かと話した結果、デバイスは確かに本物であるという結論に達した(ただしプロトタイプか実機かはわからなかった)。MacRumorsは後に、これがアジア製クローンであるというストーリー自体がニセ情報であったことを報じた。

いよいよ面白くなってくる。

本物?クローン?
拾得物?盗品(!)かも?
どうなんでしょう?

F1 関係者、上海 GP で「中国の Twitter 規制」回避に挑む - スラッシュドット・ジャパン

中国国内では 2009 年末に Twitter が規制されたそうだが、先週末に開催された F1 中国 GP において、F1 関係者たちが Twitter 規制を回避する動きに出ていたそうな。実際に一部のレーサーや記者たちが上海から「つぶやいて」いるようだ (FMotorsports F1 の記事、F1-Gate.com の記事より) 。

インド人 F1 レーサー、カルン・チャンドックは Twitter 規制を回避する方法をファンから教えてもらったとのこと。また今年から参戦している新興チーム「ヴァージン・レーシング」は今年の Twitter 使用を控えめにする一方、名門チーム「マクラーレン」は Twitter を使用しているようだ。

つぶやいたってイイじゃん。

動画:ロボット宇宙飛行士 R2、9月に宇宙へ

Robonaut2、略称R2は下半身こそないものの、自慢の両腕で約10kgのダンベルを顔色ひとつ変えず持ち上げることが可能です。今年9月に発射予定のスペースシャトル・ディスカバリーに搭乗すると、NASAは発表しています。行き先は国際宇宙ステーションで、詳細は不明ながら宇宙飛行士の補助作業を行うとのこと。狭き門と言われる宇宙飛行士の世界にロボットとして単身で飛び込むだけに、「俺達の仕事を奪うつもりか」などと同僚にいじめられないかがやや心配です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MOONLIGHT_MILE

ロボット兵士ですね。

冷凍庫で動作不良のハードディスクを延命できる!? (ライフハッカー[日本版]) | エキサイトニュース

以下が延命術の手順です。
  • PCからハードディスクを取り外します。
  • フリーザーバッグにハードディスクを入れます(安いバッグを買わないように)。
  • さらにもう一枚フリーザーバッグを用意し、2.を入れます。
  • 2重にくるまれたハードディスクを、冷凍庫の最も冷えた場所に入れます。
  • 最低でも12時間冷凍します。
  • 冷え切ったら、ハードディスクをPCへと戻し、ハードディスクが動作したら、最も重要なデータから移します。
  • しばらくすると、また動作不良を起こすと思うので、最後にコピーできたデータを覚えておきます。そして、もう一度1.からの作業を行います。
  • データを全部移しきるまで、もしくはハードディスクが完全に壊れるまで、作業を繰り返しましょう。

ホンマでっか?

3Dポケットビデオカメラ DXG-321

各社から3D対応テレビが発表されるなか、むしろ3D動画撮影に興味がある(でも自作は面倒)という人向けに、DXG社が3D対応カメラ DXG-321 を発売します。3D動画の撮影解像度はVGA(640x480)どまりですが、ポケットサイズはなかなか魅力的。静止画撮影時は500万画素。内蔵ディスプレイは3.2型、動画形式はAVI、対応メディアはSDカードです。HDMI端子はなし。

流行りだねぇ。
まだまだ進歩の余地もあるし。

Twitterドラマ『素直になれなくて』に大批判!「Twitter関係ねえじゃん...」 - ガジェット通信

『Twitter』(ツイッター)で知り合った男女5人が友情と愛情を深めていくフジテレビのドラマ『素直になれなくて』が、4月15日22:00に放送され、インターネット上では大ブーイングとなっている。なかには「Twitter関係ねえじゃん...」と書く人までいる。

「出来上がった脚本に後からTwitterをぶち込んだのか。Twitterで作れよと言われて一本でっちあげたのか」と書いている人もおり、実際に放送されたドラマを見てみると、別に『Twitter』が登場しなきゃいけない展開ではないのがわかる。ブログやメール、『mixi』などのソーシャルネットワーキングサービスでもいいわけで......。

流行ものをドラマに絡めるのは昔からある手法。
今となっては外す可能性が高いね。
ポケベルが〜とかは話題になったけど、昔パソ通と災害を絡めた単発ドラマがあったっけ。
とにかく中途半端にネットを絡めるとロクなことがない典型ですな。

目の錯覚でダウンロードの待ち時間が短く...なった気がする(動画) : ギズモード・ジャパン

ファイルダウンロード、より速くより快適にと技術は日々進歩に向って頑張ってます。一方でそんな技術の裏でより速いような気にさせる研究も日々努力を重ねているようです。 アメリカはペンシルベニア州ピッツバーグにあるカーネギーメロン大学でVhris Harrison氏がZhiquan Yeo氏とScott Hudson氏と共に、ローディングバーにアニメーションを加えることにより目の錯覚が起き、実際よりも10%ほど速いように感じるという発表をしています。

そういえばmacはそうなってる・・・。

動画:マルチ足あと認識床 Multitoe

足マウスが考案されたいま、マルチ足タッチパネルの登場も時間の問題でした。Multitoeはドイツ Hasso Plattner Institute のPatrick Baudisch教授らによる研究プロジェクト。立ち位置で操作するインスタレーションは幾多ありますが、Multi-toeはユーザの足あとを登録することで(名前が示すとおり)複数人の足を同時に個人と紐づけて認識します。さらにつま先の「スイートスポット」を登録・認識することで、巨大アイコンを足あと全体で操作するような大雑把なインタフェースだけでなく、小さな足タッチパネルキーボードの操作も可能。足あとから重心を調べることでWiiFit風の操作にも対応するほか、ただ移動しているだけの人は区別して操作に影響を与えないようにするといった計らいもあります。

あっ!あいつが歩いた!
と、分かるそうです。

アップル、「iPhone OS 4.0」でFlash排除を強化か:ニュース - CNET Japan

 Flashはウェブ上のアプリケーションおよび動画ストリーミングサイトの基盤として、幅広く使用されている。FlashはあらゆるPCやノートPCに浸透しているが、AppleはFlashを嫌っており、iPhoneおよび「iPad」上で同技術をブロックしている。

 Adobeは今週ローンチ予定の「Flash Pro CS5」によって、この禁止措置を回避するつもりだ。Flash Pro CS5は、FlashアプリケーションがスタンドアロンのプログラムとしてiPhone上で動作できるように、それらのアプリケーションを書き出すことが可能だ。Adobeは先週、「Apple App Store」の100種類以上のアプリケーションがFlashテクノロジを使用していると豪語した。

なんだ?この泥仕合。

市民ジャーナリズムのAllVoicesが全世界30都市に拠点を展開

急成長している市民ジャーナリズムプラットホームAllVoicesが今日(米国時間4/9)、重要な業務拡大を発表した。それは、30のニュースデスクを世界の主要都市に立ち上げるというもの。そこからプロのジャーナリストと市民ジャーナリストが、オリジナルの国内記事を提供する。市民ジャーナリストがプロのジャーナリストから課題をもらうこともできる。ニュースデスクが置かれる都市は、バグダッド、北京、イスラマバード、ロンドン、ナイロビ、上海などなどだ。

AllVoicesには誰でも、ローカルまたはグローバルのブログ記事、画像、ビデオ、観察メモなどを送れる。同サイトは3つの特許を申請している独自の技術によって、世界、地域、国、都市などに関するWeb上のニュースに、タグ付け、ランク付け、および分類を行い、各時点での重要ニュースや人気ニュースを判断する。

こういうのって、過去にもあったわけだけど・・・。

Microsoft Officeは中途半端なクラウドコンピューティングになりそう

MicrosoftはOffice 2010の発売を間近に控えているが、これによって初めてこの巨大ソフトウェア企業は、Word、ExcelなどのOfficeアプリケーションをWindows Liveから無料のWebバージョンとしてリリースすることになる。

消費者はこれらのアプリケーションの基本機能を無料で使えるが、Microsoftはアドオンを有料化することで損失をカバーできると期待している。先週、Microsoftの企業部門担当社長Stephen Elopは、楽観的な口調で、利益率は縮小するかもしれないが(はっきり"する"と言いなさいよ!)アドオンの売上によって利益の額は底支えされると言った。

利益の維持に関する質問に、Caposselaの最初の答えはソフトの販売だ: "今いろんなことに取り組んでいるが、まず挙げたいのは、PCを買った人がOfficeを簡単に買えるようにすること。そのために、OfficeをプレインストールしたPCの提供を多くのOEMにやってもらっている。今年の秋からは、必要な人はOfficeをプレインストールしたPCをどこでも簡単に買えるようになる。"

日本ではほぼ100%と考えても良いのではないか?office系ソフトへの依存度は半端ではない。
少なくともビジネスに関わるものでは、無いと話ができない。macユーザーでもね。
そんなoffice系ソフトは非情にも無意味なバージョンアップ(少なくとも一般レベルの使い方では)を繰り返し、無限にお金を生み出す仕組みを作りあげた。
それも10年以上前から衰える様子も無い。
そこにきてwebバージョンなわけだが、ビジネス的に馴染むとも思えない。
たぶん九割のユーザーは有料アドオンは使いたくないだろう。
だってユーザーは高機能を求めているわけでなく、仕方なく使っているのだからね。

アップル、アプリ内広告サービス iAd を発表

現在進行中のアップル iPhone OS プレビューイベントより。アプリ内広告サービス iAd が発表されました。iPhone OS内で動作する広告で、アップル自身が広告を売るかたちになります。アプリへの広告埋め込みは「午後中にできるくらい」かんたんとのこと。収益は60%が開発者へ、40%がアップルの取り分です。ちなみに広告の認証プロセスを尋ねられたジョブズは長い沈黙のあと、なんらかのプロセスはあるだろうが、ごく簡単なものになると回答しています。

やりかたは悪くない。
googleだってgmailでやってるし、悪くはない。
でもねぇ。

iPadで気になるサイトがどう見えるか確認できる『iPad Peek』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

いよいよ発売されたiPad。どうやら大人気らしいので、自分のサイトやよく見るサイトがどう見えるか知りたいですな。

そこで登場したのがiPad Peekだ。

このサイトではiPadのブラウザをシミュレートすることができる。ブラウザのアドレスバーにURLを入れればサイトがiPadでどう見えるかを確認できるのだ。

また悩み事が・・・。

ドコモのスマートフォン「Xperia」、発売後の反響は?----カカクコムが報告(japan.internet.com) - Yahoo!ニュース

まず、評価が高いのは「デザイン」「画面表示」「文字変換」といったポイントだ。デザインについてはほとんどのユーザーが高い評価をしており、このデザインに惹かれて購入したというユーザーも少なくない。

また、画面表示に関しては、スマートフォンでは最大クラスのサイズとなる4インチ液晶が効いている。解像度も480×854ドットという非常に高い解像度を持っているため、インターネットサイトの表示はもちろん、「YouTube の映像がキレイに見られて驚いた」という意見が多い。

また、文字変換も、ボタンの押しづらさなどの問題も指摘されてはいるものの、変換精度については「さすが国産製」といった意見が多く、非常に評価が高い。このほか、ドコモならではの「通話品質の高さ」を挙げているユーザーも多かった。

逆に評価が低い項目としては「バッテリー」が挙げられる。これについては、ほとんどのユーザーが「1日持つかどうか」というような評価をしており、性能の高いスマートフォンとしては仕方ない部分もあるということは理解した上で、「予備用のバッテリーは絶対必要」といった厳しめの評価を与えている。

また、意外なことに「音楽再生」に関する評価がおしなべて低い。「ウォークマンのソニー」が作ったスマートフォンということで、期待していたユーザーも多いようだが、内蔵スピーカーや付属ヘッドホンの音質があまりよくなく、加えて、再生ソフトウェアである「Mediascape」に「イコライザーすら載っていない」という点も評価を落としている。

このほか、操作性については賛否両論あるものの、「ボタンの位置が悪い」「iPhone のほうがこの点はすぐれている」といった意見が比較的多かった。

ちょこっとドコモショップで触ったけれど、思ったより悪くない。
もっともっさりしてるかと思ったけれど。
ただバッテリーの問題は解決されていないようで、旅行とかは厳しいか?
あと、モニターのガラス面の横に少しだけ出っ張りがあるのだけど、タッチパネルを触っているとこに指に引っかかる。
慣れればいいけど、なんか不快。

すぐには買わなかったら予約待ちで数週間は待たされそう。

404 Blog Not Found:憶測 - 日経電子版の本当の本当の狙い

Tech Wave : 日経の電子新聞は成功するか失敗するか
日本経済新聞の電子新聞事業は成功するのか失敗するのか。結論から言うと、何をもって成功、失敗とするのかという定義にかかっている。
結論から言うと、日経電子版はすでに成功している。

失敗そのものが、目的なのだから。


日本経済新聞電子版の価格設定から透けて見える日経のホンネ - A Successful Failure

この価格設定、行動経済学の観点からすると大変興味深い。昨年のベストセラー『予想どおりに不合理?行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』にまさにぴったりの事例が紹介されているので、未読の方の為に紹介したい。

一見日経電子版の価格設定は、同書にも登場するエコノミストの価格設定に似ているが、決定的な違いがある。

エコノミストのそれは、ウェブ版の価格は印刷版を下回り、印刷版の読者は事実上ゼロ円でウェブ版も購読できる。しかし日本経済新聞は、ウェブ版の価格は印刷版を上回り、印刷版の読者もウェブ版に別途料金を支払わなければならない。

これは何を意味するか。

「電子版は、読まないでください」ということだ。

なるほど、そうだったのか。
紙媒体の好きな方はどうぞ。
日経でなくてはいけない理由を探したいヒトもどうぞ。
少なくともネットと決別したいヒトもそちらをどうぞ。
中途半端に無料に魅かれる方もいらない。
ネットで収益をあげるマスコミだ残るが良いね。

アップル、iPhoneを顔面に装着するメガネ型ドックを特許出願

図はアップルが特許出願した「画面を備えたポータブル電子機器を保持するヘッドマウントディスプレイ装置」。 レンズ部分がスロットになったメガネ型ドックあるいはフレームのようなもので、iPhone や iPod などを顔面に装着することにより、画面を目の前に置いていわゆるヘッドマウントディスプレイとして使うアイデアです。

解説によれば、ただ iPhone や iPod に保存された映像を視聴するだけでなく、左右の目にそれぞれ違う映像を送ることで3D表示も可能。さらに携帯機器側あるいはフレーム側に搭載したカメラのリアルタイム映像で視界を確保することも、GPSや各種センサー・画像認識などを組み合わせることで、目の前の光景に携帯機器側からの情報を重ね合わせる AR 的なアプリも言及されています。そのほかの利点はフレーム側のメモリやセンサー、ヘッドホン etc を携帯機器側に追加して使えるなど。

これで歩けば夢の世界

アップル iPad 発売 @ アップルストアNYC 5th Ave.

米国では「革命的で魔法のようなデバイス」こと iPad がついに発売を迎え、各地のアップルストアや量販店では恒例の騒ぎが繰り広げられています。

日本には来てないのでなんとも。
それにしてもXperiaが完全にかすんだな。

NTTのLモードが終了 iモードに及ばず - MSN産経ニュース

NTT東日本とNTT西日本が平成13年6月にサービスを提供した固定電話とファクシミリを組み合わせたインターネット接続サービス「Lモード」が31日で終了した。NTTドコモの携帯電話向けインターネット接続サービス「iモード」が一挙に普及したのに"対抗"して主婦や高齢者などの利用を当て込んだが、ADSLなどの定額制インターネット接続サービス人気に加え、従量制料金などが敬遠され、普及率が伸びなかった。  契約者数は16年8月末に52万件だったが、当初目標の200万件には遠く及ばず、18年11月末に新規受付を終了していた。

さてどんなサービスだったか(w
ページを作るのも面倒だった記憶しかないね(結局作らなかったが)

「Xperia」速報レビュー - ケータイ Watch

とは言え、スマートフォンは一般的なケータイとは、考え方が大きく異なる。ご存知の読者も多いと思うが、現時点ではiモードメールに対応しておらず、メールはパソコン用のものを使う必要がある。Googleのメールサービス「Gmail」でプッシュ配信機能は代替できるが、端末上では絵文字やデコメールにも対応していない。着信拒否機能は非搭載(アプリでは存在する)。赤外線通信やおサイフケータイは対応しておらず、使う人を選ぶことは間違いない。

昨日発売になったわけだけど、予約分で完売状態。
次の入荷も未定で、さらに追加予約分でなくなるらしい。
もしかすると5月まで買えないかも?
そのころにはシャープから出てるころかもよ。

百度、日本での普及に向け名称を「毎度」に変更 - スラッシュドット・ジャパン

中国発の検索サイトとして話題になっている百度(バイドゥ)が、日本での営業強化に向けサイト名を「毎度(マイドゥ)」に変更した(毎度による告知)。

百度は中国ではダントツの知名度を誇るものの、日本では苦戦。その理由の一つとして「百度という名前が日本語的に親しみにくい」が挙げられていたそうだ。そのため、日本人に親しみやすい「毎度」という名前に変更したとのこと。

大阪弁かっ!

まぁ4月1日だしねぇ。
いまいちセンス悪いけど。

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。