2010年11月アーカイブ

WikiLeaks、外交機密を含む米国外交電文25万本を公開へ - スラッシュドット・ジャパン

MSN産経で掲載されているが、Wikileaksが近く米外交官が他国の政府高官や有力政治家の汚職疑惑などに言及している国務省の外交電文をネットで公開する予定だとのことである。米大使館員らが駐在国の閣僚や政府高官と交わした会話が記されているとのことである。海外の報道ではどうやら29日にも公開される予定で、IBTimesの記事によれば、公開されるのは251,287の公電と8,000の外交指令のようで、confidential扱いが40%、secret扱いが6%含むそうだ。ほとんどが2004年以降であり、9,005個の文書が2010年の最初の二ヶ月半のものらしい。つまり、現在のオバマ政権の外交指令がかなり暴露されるようである。国務省で公文書のやり取りに使用されるSIPRNETから漏洩とも言われているが、定かではない。

これの日本版やろうよ。
でもどうやって?

僕のおばあちゃん(91)はスーパーヒーローだぜ! : ギズモード・ジャパン

写真家のお孫さん、Sacha Goldbergerさんが、最近落ち込み気味のおばあちゃんを元気づけるために行ったプロジェクト。スーパーヒーローセラピーは大成功で、写真を見たおばあちゃんニコニコが止まりません。

Grandma's Superhero Therapy (18 photos)

いかん、これは面白すぎる。
スーパーヒーローセラピーがあるなら、仮面ライダーセラピーとかガンダムセラピーとかありえる?

子供の育児記録をみんなで楽しくつけられる『Moment Garden』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

Moment Gardenは子供の育児記録をみんなでつけていくことができるサービスだ。

写真やテキストをひょいっと追加していくだけで素敵なタイムラインができあがる。もちろん家族や親戚で共有することもできる。

またコンテンツを投稿する際には、専用のメールアドレスに添付するだけでいい点も便利だ。

当然、こうした機能自体は他のサービスでも実現することはできる。しかし専用のサービスでこうしてきれいにまとめてくれるとそれはそれで良いですな。

いいなぁ。
こういうのいいなぁ。

どのサイトを閲覧したかを友達と共有できる・・・『Sitesimon』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

Sitesimonはサイトの閲覧履歴を友達と共有するためのツールだ。

ブラウザのアドオンをインストールすれば自動的にそのデータがアップされ、許可した友人だけに見せることができるようだ。

誰得?と思わないでもないが、監視的な用途ならまぁ、ありかもしれない。もしくは一時的にグループ間でネットサーフィン情報を共有したい場合にいいかもですな。

逆に面白いかも?

SMSで即席グループチャットが作れる『GroupMe』 - 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで

日本ではあまりSMSが活用されていないが、SMS関連でこれは便利そう!と思ったサービスをご紹介。 GroupMeを使えば、SMSを使ったチャットルームが即座に作れるらしい。 使い方は簡単で、GroupMeのサイトで自分の番号と名前を登録すると、新しい番号が与えられる。それがSMSのチャットルーム、かつ、カンファレンスコールの番号になる。 あとは好きなメンバーを加えていけばいいだけだ。仲間内でちょっとしたやりとりをしたい場合にちょっと便利じゃないだろうか。

それこそ赤外線通信でその場でグルーピングとか。

日本のメーカーは得意そうなのに

書籍ソーシャル化の草分けRethink Booksがデビュー(デモビデオあり)

CEOのIlianがデモしていたのはiPadのアプリケーションだが、しかしこのアプリはeリーダーなどそのほかのデバイスでも使える。よく見るような本棚に、自分の本が並んでいる。でも、このSocial Booksアプリケーションの中でTwitterやFacebookのフレンドとつながるので、彼らの本棚にある本も見ることができる。本を読んでいる途中で、一部を高輝度表示にしたり、メモを書いたりできるが、そのとき、友だちの高輝度表示部分やメモも見られる(別の色で)。抜粋をTwitterやFacebookで共有すると、その抜粋部分のあるページにリンクバックできる。その本を買うためのリンクもある。また、アクティビティストリームのビューがあるので、そこではフォローしている人たちのコメントや、彼らが最近読んだ本などを見られる。

そろそろソーシャル化というのも飽きませんか?

絞首台と化しそうだったTwitter

しかし今日では、イギリスでもその原則は揺らいでいる。ソーシャルメディアがあるおかげで、裁判開始の前はおろか逮捕前でも、誰かを重大犯罪で名指しで告発することが、誰にでもできる。従来は、逮捕前に嫌疑が報道されることはなかった。

そして名指しが行われると、裁判の始まる前に判決が決まってしまう。被疑者が無罪か有罪かとは関係なく、彼らは終身刑を言い渡される。会社に就職しようと思っても、誰かと友だちになりたいと思っても、相手がその名前をGoogleで検索したとたん、犯罪の嫌疑が分かってしまう。それは、一生涯つきまとう。実際の刑期はなくても、嫌疑が有罪と同じ罰を貼り付ける。一生涯、職に就けない、友だちができない、社会の除(の)け者になってしまうという罰だ。インターネットは、嘘の嫌疑で誰かの一生を台無しにしてしまうための、恰好の手段だ。それがまったく嘘であっても、いったん告発や嫌疑をかけられた者は、有罪者と同じく破滅の人生を歩むことになりがちなのだ。

パーソナルな情報をネットで共有する危険性が分かっているのに、なぜか実名制にしたがる人がいるわけで。人が人を裁く責任をネットは軽減したように見せてしまう。
これは考えるべき問題だ。

ドコモ Xperia SO-01B、11月10日からAndroid 2.1アップデート開始

ついにこの日が来ました。ドコモ Xperia SO-01B のAndroid 2.1アップデートが11月10日から配信されます。アップデートにはBluetooth 2.1対応、メールのマルチアカウント対応、ライブ壁紙などAndroid 2.1標準機能に加え、時間がかかったぶんだけ様々な変更点が含まれています。具体的には:
ホーム・ロック画面の操作性「進化」: ロック解除が横スライドに変更、ロック画面でボリューム ON / OFF 切り替えが可能に、ホームスクリーンが5枚に拡大、ホーム画面に置けるアイコン数が16から20に増加、アプリトレイが引き出し式からタッチ式に。

カメラまわりの強化:
HD動画撮影、コンティニュアスAF対応、ジオタグの高速化。
など。「やっぱりあのロック操作はややこしかったんだ」とか「ジオタグが遅いのは仕様だったんだ」とか、いろいろ納得できる内容です。

ソニエリだしなぁ。
あんまり期待しすぎてもなぁ。
でも10日になったら即アップデートするけどな。

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。