値付けって難しいようでカンタンかも

| コメント(0) | トラックバック(0)
その昔なんだけど、前職で不動産の値付けをしていると値段ってどうでもいいような気がしていたものだ。
というのが、値段の付け方って原価から導きだす積み上げ方式と、他社の価格から見た相対的な値付けの方法があると思うのだけど、不動産という流動的な、かつ事故やタイミングによって変動する商品は原価積み上げではできないわけだ。
もちろん工場製品では原料費やら人件費やらの必ずかかる原価があるので価格を変動しにくい。だが不動産という、要はそこにあるけど使わなければ価値のない、むしろ税金やらがかかって使わざるを得ないものというのは損益をベースに考えなくてはいけない。収益があがれば良し、上がらなければほったらかしにしたいというものだ。
すると損が出ない程度に回していく方が良いわけで、値付けは所有者の状況によっていくらでも変えられる。収支さえあっていればどうにでもなるのだ。
そこで不動産業者的な発想だけど、今の時点で損しなければ良いのだから、要は売れる相場価格で調整すれば良い。それが将来的な価値を決める価格ではないということだね。



まぁ、何が言いたいかというと、狭いところで相対的な価値を考えてはいけないということで、例えばマンションの上階だから価値があると思っても、中古相場にしてみれば意味がないということだ。住宅地もそうで、いくら高く買ったからといっても、そのまま売れるわけではない。
だから価格はカンタンなのだ。他所と同じ価格なら良いと。
まぁ、それで失敗する例があとを経たないのだけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kiki-mimi.info/mt-tb.cgi/888

コメントする