電話営業とか飛び込みとかがどうとか

| コメント(0) | トラックバック(0)
事務所にいると営業の電話がかかってくる。
季節によってかかってくるパターンがおよそ決まっており、電話がある度に、あぁこんな時期なのか・・・と思う。
最近では日に何件も固定電話がお安くなるとかなんとかのネタが多く、春先は投資とか先物が増える。

ちなみに"電話代がお安くなる"系は某社のみだけどねw
あと、必ずNTTの固定電話の代理店と名乗るのだけど、問いつめるとNTTを"中心とした"固定電話を"扱う"某社の代理店と白状するのだけど、これって「消防署(の方向)から来ました」という消火器の訪問販売と変わらんよね。

さて、電話営業とか飛び込み営業なんだけど、どれだけ効果があるかと言えばほぼ0に近いだろう。
なぜなら客先の都合も聞かずにいきなり押し掛けて行って商談をするのだから、初動からマイナスなわけだ。忙しい時間を使わせるのだから、それなりの迷惑をかけていることを忘れてはいけない。
よほど商材に自信があり、事前に客先をシミュレーションして的確な条件を出さなければ、ほぼ難しいといえる。



だが、それでも一定の成果があるから続いているのかもしれない。
なお、前職でも闇雲な電話営業や飛び込みを行なったけど、うまくいったことはほぼなかった。
不動産という地域に根ざした商材であれば、近隣とのコミュニケーションで一定の成果は出るものだ。実は口コミが最大の武器となり、チラシや看板は口コミを補強する要因でしかない。そこに不躾な一方的な電話が良い選択とは思えない。

もっとも、電話営業も役に立つことがある。
それは社員教育として度胸付けにはなることだね。
反感を持たれた客先に反論する話術はなかなか付かないものだ。
実践で営業力を高める、おそらく最も安直なやり方だろう。
まぁ、支持はしないけど。


ところで先日あった感心した電話営業。
某社代理店の固定電話営業だったんだけど「御社は営業電話がかかりやすい設定になっております」だって。
「なんだい、電話帳を端からかけてるんじゃん」
「いえいえ、設定があります。その証拠に、今お電話してますから」
って、お前は落語家か!切り返しがウマいぞw
受け取りようによっては、電話されたくなければ契約しなさい、とも取れるのだけど・・・。
いいのかなぁ?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kiki-mimi.info/mt-tb.cgi/891

コメントする